イソフラボンとカプサイシンは育毛効果ある

薄毛に悩んでいる方にとって、食事は悩むところで、何ををっとらいいのか、また何をとったらダメなのかわからなくなってしまっている人も多くいると思います。育毛を考えたらしっかりした食事をとりたいですものね。そこで、育毛と相性のいい食事を紹介したいと思います。

育毛にもいい食事はカプサイシン(唐辛子など)とイソフラボン(大豆)です。この組み合わせは、髪の毛の発育を良くしたり、抜け毛を少なくしてくれる効果があります。それは、辛み成分に含んでいる、カプサイシンに効果があるようです。カプサイシンが全身の知覚神経を刺激して、髪の毛のIGF-1を増やすことで、髪の毛の育毛効果が得られるようになるわけです。

では、どれくらいの量が一日に必要なのでしょうか。大体、カプサイシン(唐辛子)なら2グラムでスプーン2杯程度、イソフラボン(大豆)は豆腐なら、200グラム(約半丁)程度を毎日とることで、効果が得られるそうです。簡単に手に入るものですから、続けられそうですよね。皆さんもいかがでしょうか?

その他、育毛・薄毛・髪の毛に関する情報はこちらを参考にしてください。