女性の育毛にもタンパク質は超重要です

髪の毛に良い食べ物と聞いて何を思い浮かべますか?昆布とか海苔、ひじきといった海藻でしょうか。
結構そういう答えが多いと思いますが、実は海藻類以上に大切なのが、髪の毛の主成分にもなっているアミノ酸を含む「タンパク質」なんです。
髪の毛の90%以上は「ケラチン」というタンパク質で構成されています。このケラチンは十数種類のアミノ酸から構成されているんですが、こういったアミノ酸の中には、通常人の身体の中では生成不可能な「必須アミノ酸」が含まれているんですね。

こういた理由で健康な髪を育てるためには、必須アミノ酸を食事から摂取することが非常に重要になるんです。
では必須アミノ酸はどんな食品にふくまれているのでしょうか。
答えは大豆や大豆製品(豆腐や納豆など)や魚介類(かつお節、シラス、すじこ、マグロの赤身)、肉類(鶏むね肉など、低脂肪の赤身が望ましい)、乳製品(牛乳、チーズ)といった食品にシッカリと含まれています。
このような食事で摂取したタンパク質は、一旦アミノ酸に分解された後、身体の中で利用できる形に再合成されるわけです。こういった一連の働きを支えているのが「ビタミンB6」なんですね。ビタミンB6を多く含む食品は、マグロやサンマ、サケ、サバ、イワシといったお魚なので、できるだけ食べた方が育毛には良い結果を生むかと思います。

http://xn--xckpn4fg0gza7669dk55bjt3b.net/