agaの治療に副作用はあるのか

薄毛に悩む男性にとっては非常に心強いAGA治療ですが、一方でAGA治療には副作用があり、それがかなり怖いものであるという話も聞こえてきます。AGA治療に利用するお薬によってもその副作用は異なってきます。

まずAGAの飲む治療薬として知られるプロペシアの副作用としては、性欲減退や勃起機能低下といった性的問題が起こる可能性があると言われています。さらに、肝機能障害を引き起こす副作用もあります。

さらに、万が一プロペシアを女性や子供が触ってしまうと有害に働くことがありますので、絶対にプロペシアをテーブルなどに放置することがないようにする必要があります。ただ、プロペシアの副作用についてはごく発症率が少なく、プロペシアの副作用を聞いた人の精神的な問題で性欲減退や勃起機能低下といった副作用が能われている可能性も高いと言われています。

次に外用薬としてよく用いられるミノキシジルですが、肌荒れやかぶれなどを引き起こすことがあります。頭皮に直接つけるタイプの外用薬なので、お肌に合わない人も出てくる可能性があります。

重篤な副作用が起こる可能性はゼロではありませんが、その発現率は低いため、大きな問題になるようなことはありません。万が一気になるときには医師によく相談をしてみてください。